スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ポチッと押してね~^^                                         
by petit-ringo  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

Nippon Project&JaMEながーい和訳

昨日はジャニーズネットでクリスマスメッセージが公開されましたが、仁のが無くて残念でしたね~('_')

でもKAT-TUNの下のオーナメントは仁のだと確信!(笑)
これから追加されると期待していまーす♪

さてアメリカのサイトでまたまた仁の記事がアップされましたね^^
オリーブ姉ちゃんが宿題並みに(苦笑)頑張ってくれたのでアップしま~~す!(本当にお疲れでした

まずは仁のインタビューが載ってたNipponProjectです。

On the last stop of his tour, Yellow Gold Tour 3010, I had the opportunity to sit down and chat with Jin Akanishi. We talked about the tour, the time in the US and his role in the movie, BANDAGE, released earlier this year.
Yellow Gold Tour 3010の最終公演で、赤西仁とゆっくり座って話を聞く事が出来た。アメリカツアーと今年初めに公開された映画”BANDGAE”での役についてインタビューをした。
Nippon Project: First off, welcome back. Let’s start with a small introduction of yourself and a fact that fans may not know about you.
N:まず初めに、おかえりなさい。ご自身の簡単な紹介とファンが知らないあなたについてお話ください。
Jin: Uh. Hi, I’m Jin Akanishi (laughs), nice to meet you. I’m a Japanese singer and I’m on tour right now. I am trying to go across America. I went to Houston, San Francisco, um where? Chicago, L.A. and now I’m in New York to have the last show.
J:ええっと。赤西仁です(笑)お会いできて嬉しいです。僕は日本人シンガーで、現在アメリカを横断しツアーを行っています。ヒューストン、サンフランシスコ、えっとあとはシカゴ、ロサンゼルスそして最終公演でニューヨークに来ています。
And the fact that fans don’t know?
N:ファンが知らない事は?
Jin: (After a pause of thought.) I…. Have to… Know… about myself more, sorry (laughs). You guys know about me better! That’s a fact.
J:(少し考えて)僕自身が自分のことをもっと知る必要があるかも(笑)みんなの方が僕のことをよく知ってると思います、本当に!
This is your second time to perform in the US, right?
N:アメリカでは2度目のパフォーマンスだよね?
Jin: Yes
J:はい。
What are some main difference between this time and the last time?
N:前回と今回では、何か違いはありますか?
Jin: I have 3 new songs for this tour and this time I’m traveling so it’s a little harder. Yeah, but I’m having fun. I’m very excited to see different people in different cities. Yeah, it’s fun.
J:今回は新曲3曲引っさげて周っています、だから少し大変ですかね。ええ、でも楽しんでます。色んな街で色んな人達に会うのをとても楽しみにしています。ええ、楽しいですよ。
Let’s talk about the name of your tour.
N:では、ツアータイトルについて話してくれますか?
Jin: Yellow Gold Tour 3010
J:Yellow gold Tour 3010です。
Yes, why did you choose to say 3010 instead of 2010?
N:ええ。どうして2010ではなくて、3010にしたんですか?
Jin: Because, the composition of my concert is a sort of Futuristic. When I thought about it, I was like ‘Yellow Gold Tour 2010’. That was the first draft. Then, I was like,” Why don’t we make it like 3010. It’s more futuristic.” It’s not a mistake. People thought it was a mistake (laughs).
J:それは僕のライブ構成が”未来的”だからです。ツアータイトルを考えた時、”Yellow Gold Tour 2010”って最初は考えたんです。でも「3010にしたら、どうかな?そしたら、もっと”未来的”でしょ。これは間違ったんじゃないですよ。みんなは間違ってるって思うかもしれないですけど(笑)」
Are there any of times you’ve been in the US? if yes, for what reasons?
N:アメリカに来る事はあるんですか?あるなら、それはどうして?
Jin: A lot of my friends live in the US, so sometimes I visit here to see them and I used to live in L.A. for 6 months to study.
J:友達がたくさんアメリカに住んでいるので、ときどき会いに来ますね。それに6ヶ月間、留学で僕自身が住んでいましたから。
Are there any places you’d like to travel that you haven’t been yet?
N:まだ行ったことがない所で、行きたい所はありますか?
Jin: Well, I’ve been in Boston before. I like the city and atmosphere, so I want to go back.
J:ええっと、以前ボストンに行ったことがあって、街の雰囲気とか好きなのでまた行ってみたいです。
How about other countries?
N:行ってみたい国はどうですか?
Jin: I want to go to Italy, France, the Europe area. Because, I have only been to Spain.
J:イタリア、フランスなどヨーロッパの国へ行ってみたいですね。スペインしか行ったことがないので。
Who are some of your favorite American artists or performers?
N: 好きなアメリカ人アーティストやパフォーマーはいますか?
Jin: There’s a lot.
J:たくさんいます。
Name a few?
N:いくつか名前を挙げてくれる?
Jin: Keri Hilson, Kanye and Lil Wayne. Yeah! There’s a lot, but I love to listen to music. Like, what’s good is good. You know?
J:ケリー・ヒルソンとリル・ウェイン。沢山いるんですけど、音楽を聞くのが好きなんです。つまり ”いいものは、いい” でしょ?
Any American artists that you’d like to collaborate with in the future?
N:将来、コラボしたいアメリカ人アーティストは?
Jin: If I have a chance, anybody. I just want to have fun, so I want to see different styles and the chemistry of the people who collaborate with me.
J:もし機会があるなら誰とでも。とにかく楽しみたいんです、それで違うスタイルや、僕とコラボする人との相性をみてみたいですね。
What other job do you think you would have if you weren’t in this industry?
N:もしこの業界に入っていなかったら、何をしていたと思いますか?
Jin: That’s a hard question. Maybe, professional soccer player.
J:難しい質問ですね。多分、プロサッカー選手。
You like soccer?
N:サッカーは好きなの?
Jin: Yeah. Well, I used to play Soccer when I was little. I would love to be a professional soccer player right now. I mean, if it were possible I would.
J:ええ。小さい時はよくサッカーをしていました。今でもプロサッカー選手になりたいです。なれるならの話しですけど。
Let’s talk about the Movie, BANDAGE, that was released earlier this year. How did you enjoy filming the movie?
N:今年初めに公開された映画”BANDAGE”について聞きますが、映画は楽しかったですか?
Jin: It was really fun. It was the first time for me to shoot a movie. It was just amazing, the staff and the director and all the cast. Yeah.
J:凄く楽しかったですよ。映画に出るのは初めてだったんですが、スタッフさんや監督、そして出演者みんなが素晴らしかったです。
Tell me you feelings about the movie in general.
N:全体的に見て、映画はどんな風に感じましたか?
Jin: The first time I watched myself on the big screen, I was kind of embarrassed. I am in a couple TV drama, and those are way different than movies. Like, the way you shoot and the scheduling, they are more chill.
J:最初大きなスクリーンに自分が映ってるのを見て、ちょっと恥ずかしかったですね。ドラマには何度か出たことはありますが、映画は全く違ってました。撮り方やスケジュールなんかが、もっと良かった
The movies?
N:映画だと?
Jin: Yes, the Movies.
J:ええ、映画は。
Can you see yourself in your character ,Natsu, from the movie?
N:映画の”ナツ”は、自分と似た部分とかありましたか?
Jin: Hm… I don’t think so. I’m a different person.
J:う~ん。ないと思います。僕とは違ってましたね。
Well, what are some main differences?
N:では、大きな違いは何ですか?
Jin: Comparing my character and myself? Well, personality is completely different. Maybe the way he talks is a little similar.
J:役柄ですか、それとも僕自身と比べてってこと?ええと、性格は全く違いますね。多分喋り方は、少し似てるかも。
But, what in the personality would you say is different though?
N:では、性格はどこが違う?
Jin: He is a Rock singer.
J:彼(ナツ)ロック歌手ですし。
So, he thinks Rock and Roll.
N:そう、彼(ナツ)はロックンローラーだと思ってますよね。
Jin: Right. Yeah, I’m not a Rockstar (laughs). The lifestyle is sort of different.
J:ええ。僕はロックスターじゃないし(笑)ライフスタイルも少し違うし。
Did any weird or funny things happen to you on set of the movie?
N:実際に撮影の時に、変わった事や面白かった事はありましたか?
Jin shakes his head
仁は首をかしげて
No?
N:ない?
Jin: Oh! There was a kiss scene with Kii Kitano, She’s a great actress and also she was like 18, I think, at the time. In the scene she has to cry right after I kiss her. When we were done the kiss scene she was going to cry. Well, I saw when she was crying and I felt so bad (laughs). The reason why she’s crying is because I kissed her. I was just thinking, like, ‘Dammit!’
J:あぁ! 北野きいちゃんとのキスシーンの時にありました。彼女は本当に素晴らしい女優さんで、まだ18才だったと思うんですけど。僕とキスしたすぐ後に泣くシーンがあって、そのシーンが終わって彼女が泣きだしたんです。それでその泣いてる彼女を見て、悪いことしたなぁって思いました(笑)彼女が泣いたのは、僕が彼女にキスをしたからで。”しまった”って思いました。
So, New York is the last stop on the tour do you have anything special planned since it is the last show of the tour?
N:ニューヨークが最終公演になりますが、最終公演だからということで何か特別な事を考えていますか?
Jin: Like you said, this is the last one. I, every time am going all out, but I am going make sure I leave this show and the tour with no regrets.
J:おっしゃる通り最終公演なんですよ。毎回全力でやってますが、絶対に悔いが残らないようにしようと思ってます。
Lastly, A message to the fans
N:最後にファンにメッセージをお願いします。
Jin: Thank you all for your support up until now. I am working on an album and a single right now, so when it’s out please check it out.
J:今までずっと応援してくれて、ありがとうございます。今アルバムとシングル制作をしていますので、発売した時にはチェックしてください。

続きにはJaME WORLDのライブレポを入れます^^
    ポチッと押してね~^^                                          さて、こっちはかなり和訳が大変だったそうです。
JaME WORLDのLA公演のレポですが、先日のPurple SKYに載ってたかっこいい仁の写真がいっぱいアップされています^^(うっとり笑)

Jin Akanishi Yellow Gold Tour 3010 in LA
赤西仁 ”Yellow Gold Tour 3010” ロス公演
Following his successful debut in Los Angeles a few months ago, Jin Akanishi returned to Club Nokia ready to party once more. Two members of his dance crew warmed up the crowd before a video of his time in Los Angeles was shown on screen. The short video included a few scenes that had been shown at the You and Jin show remixed with shots from his last performance in Los Angeles.
数ヶ月前のロサンゼルス公演でのデビューの成功に続き、赤西仁がまたパーティーのためClubNOKIAに戻ってきた。仁のロスでの映像がスクリーンに映し出される前にダンサーが会場を盛り上げた。You & Jinでも流れた映像を含めたショートビデオと、ロスでのライブ映像とが編集され流れた。
Immediately afterwards, Joey Tee was called out to dance. He shuffled cutely onto the stage to a huge outpouring of adoration from the fans in the venue. Showing off some amazing moves, Joey Tee got the crowd riled up for Dominic, who came out on stage to sing his newest song. As Dominic finished his set, another video flashed on screen and showed scenes of how Jin’s Yellow Gold Tour 3010 had gone so far. Then it was time for the main event to start. Jin’s dancers took the stage in gold lame outfits, and Jin’s casual entrance had the crowd screaming in delight.
その直後、ジョウイ・ティーが呼ばれダンスで登場。彼は可愛くスリ足でステージに登場しファンから溢れんばかりの歓声を受けた。素晴らしいダンスを見せつけ、ドミニクを驚かせ、そのドミニクはステージで彼の新曲を披露した。ドミニクの歌が終わると、別の映像がスクリーンに映し出され、今までのYellow Gold Tour 3010のシーンが流れた。そしてその日のメインが始まったのである。ダンサーたちは、金ラメの衣装でステージに登場、そして仁の普段通りの登場で観客は喜びのあまり悲鳴を上げた。
Taking his spot behind a silvery drum set, Jin started the concert with Christmas Morning. Lasers laced the fog-filled air, creating the impression of clouds racing across the sky to accompany the beautifully haunting song. With the crowd getting into the mood, Jin then turned up the heat with Bass Go Boom and Wonder, both popular songs that were well received by the audience. More and more people began to dance while I.N.P was performed, but the crowd settled down to give their full attention to Jin as he sang A Page.
シルバーのドラムセット後方にスポットライトがあたり、仁はChristmas Morningでライブをスタートした。レーザーが霧いっぱいの雰囲気を作り出し、長く記憶に残る歌声と共に空一面を覆う雲の模様を描いた。観客がその雰囲気に飲みこまれると、仁はBass Go BoomそしてWONDERへと観客が本当に喜ぶ歌へとさらにムードを盛り上げていった。I.N.Pが始まるとさらに多くの観客が踊り出し、次に仁がA Pageを歌えば全集中力を彼に注ぎ静まりかえった。
After the last notes of the song, Jin vanished backstage. A camera followed him, and fans watched Jin on the TVs as he drank some water and then picked up his cell phone to text someone. Suddenly, the screens went blank as text appeared: Jin was texting the fans! He asked everyone to play a mind game with him and had the crowd doing math until the answer equaled one – as in “you are the one.” This led into a new song, Oowah. The fun, playful track finished with Jin doing a short MC with the audience. He thanked everyone for coming, asked if they were having a good time and pretended to leave when he felt the response wasn’t loud enough, eliciting more laughter and cheering.
この歌が終わると、仁はバックステージに姿を消した。カメラが彼を追うと、ファンは彼を目で追った。すると彼は水を少し飲み、携帯を取り出し誰かにメールをした。突然スクリーンが暗くなり文字が映し出された。仁がファンに向けてメールをしたのだ!彼がみんなに心理ゲームをすると呼びかけ、観客に「答えが”1”になる」数学の問題を出した。Oneは、つまりyou=oneなのだ。これに続いて新曲 Oowah を披露。楽しく冗談っぽい歌詞の後に、観客と短いMCを行った。来てくれたみんなに感謝し、楽しんでいるか聞くと反応が少なかったため帰るフリをしてみせ、さらなる笑いと歓声を引きだしていた。
Following the MC was another new song, Body Talk. A softer, slower ballad, it featured Jin crooning into the microphone, and the fans swayed along to the beat. His third new song, Fifth Season, had a strong bass beat carrying the layered vocals and mesmerizing melody. The audience applauded once the song was over, then burst into screams as the infamous LOVEJUICE began with Jin donning his trademark fedora.
MCに続き、もう1つの新曲 Body Talk を披露。優しくスローなバラードでは、仁がマイクに向けて囁くように優しく歌うと、ファンはそのビートに合わせ左右にゆらゆら揺れた。3曲目の新曲 Fifth Season は、強い低音のビートで歌声を重ねる魅惑的なメロディーの1曲だ。歌が終わると観客は拍手喝さいを浴びせたが、その後ハットを被った仁がエロい LOVE JUICE を歌い始めると悲鳴が上がった。The hot nightclub atmosphere continued as Jin ended the song by sitting down with the female dancers for a drink. At the front of the stage, the male members of his crew showed off their moves until they were rudely interrupted by the paparazzi. This led into Jin’s angry attack on the media with Paparats. However, the mood didn’t last as Hey Girl took over. Colorful and playful, the cheery dance track was accompanied by the dancers’ silly antics on stage. Shinpei made a special appearance and teased Jin by tugging at the singer’s clothes and touching his face while Jin sang through a wide grin.
仁が女性ダンサーと座って水を飲みながら歌い終わるまで、ホットなクラブの雰囲気が続いた。仁たちがパパラッチに酷い扱いで邪魔されるまで、ステージ前方では男性ダンサーはダンスを誇示するかのように踊っていた。この曲はパパラッチなどのメディアに対する仁の怒りで作られている。しかしながら、その雰囲気は長くは続かず Hey Girl へと繋がった。カラフルでおふざけたっぷりな楽しいダンス曲は、ステージ上でダンサーのおバカなピエロも見られる。シンペイ(←ライターさんの間違い?シュンペイですよね?)が特別な装いで登場し、ダンサーの衣装を強く引っ張ったり、笑顔で歌っている仁の顔を触ったりした。
After Hey Girl, Jin took a short break while his dancers were introduced on stage. Then began the dance portion of the show. Joey Tee’s “Trickin’ Dance” was wildly popular, and the audience screamed when Shumpei and Yara Tomoyuki joined in for the “Lock Dance.” Both Joey Tee and Tomoyuki performed together during the “World Dance,” with the former playing a demon and the latter acting as demon slayer.
Hey Girl が終わるとダンサー紹介の短い間、仁は休憩を取った。そしてダンスコーナーが始まった。ジョウイ・ティーの”トリックダンス”はとても人気で、シュンペイと屋良智幸が”Lock Dance”で加わると観客は悲鳴を上げた。ジョウイが悪魔を、そして智幸が悪魔の殺人者を演じ、共に”World Dance”で一緒にダンスを披露した。
As the dance portion wrapped up, it was time for Yellow Gold, the theme and anthem of the tour. The crowd threw their hands up and clapped to the beat, then began dancing as the mood lightened with My MP3. The sugary sweet, bouncy pop track led into Tipsy Love. The audience eagerly sang along in response to Jin and waved their hands in the air. All of the lights went up in the venue so that the audience and performers could see each other clearly, and the happy mood was elevated as Jin proudly introduced his dancers once more. Finally, Jin and the dancers linked hands and bowed. Jin was last to leave the stage, parting with words of thanks and expressing his hope to return to Los Angeles.
ダンスコーナーが終わると、ツアータイトルでもありツアーを象徴する曲でもある Yellow Gold 披露の時間だ。観客は手を高く上げ、ビートに合わせて手を叩き曲が始まった。My MP3 では、さらに雰囲気は盛り上り、スイートで軽快な Tipsy Love へと続いた。観客は仁に合わせ一生懸命歌いながら、頭上で手を左右に振った。会場のライトが明るくなり、観客も仁達もお互いがはっきりと見えた。楽しい雰囲気がさらに増すと、仁が誇らしげに再びダンサー達を紹介した。最後に、仁とダンサーが手を繋ぎお辞儀をした。仁はありがとうの言葉でファンにお別れをし、ロスにまた戻ってくることを告げ、最後にステージからハケた。
Although there was no encore, no one left feeling disappointed. His fans were able to see Jin Akanishi in a small and intimate venue, and they could look forward to seeing him again on MTV Iggy in just a few days. As the performer’s popularity grows in the United States, one has to wonder what his next goal will be: it may not be too soon to be considering a tour in Europe!
アンコールはなかったが、誰もがっかりした様子はなかった。彼のファンは、こんなに小さく狭い会場で仁に会え、数日後に行われるMTY Iggyで再び彼に会えることを楽しみにしていた。仁人気はアメリカでどんどん広がってきているから、彼の次のゴールが何なのか、思いを巡らさずにはいられない。つまりヨーロッパでライブを行うという考えも早過ぎることではないかもしれない

Set list:

01. Christmas Morning
02. Bass Go Boom
03. Wonder
04. I.N.P
05. A Page
06. Oowah
07. Body Talk
08. Fifth Season
09. LOVEJUICE
10. Paparats
11. Hey Girl
12. Yellow Gold
13. My MP3
14. Tipsy Love

アメリカでの人気も上がってると嬉しいコメントですね^^
仁さんにゴールは無いでしょうね^^v

(お願い)愛あるがゆえの時間を掛けての和訳ですので転載等はご勘弁をーー!


テーマ: 赤西仁 -  ジャンル: アイドル・芸能
by petit-ringo  at 07:00 |  Yellow Gold Tour |  comment (14)  |   |  page top ↑
Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by  2010/12/02 09:00   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by  2010/12/02 09:24   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by  2010/12/02 11:35   [ 編集 ]

petit-ringoより鍵コメ☆アン☆さんへ

もービックリしましたよ。姉からそちらの話は聞きました^^
これからも姉妹共々よろしくお願いしますね♪

アンさんもかなり英語お上手ですよね。
by petit-ringoより鍵コメ☆アン☆さんへ 2010/12/03 21:37  URL [ 編集 ]

鍵コメriemamaさんへ

はじめましてー!
わざわざコメント頂いてありがとうございます♪

和訳も仁ファンにはなくてはならないものになってしまいましたよね(苦笑)

お役に立てて姉も頑張った甲斐があったと思います^^
by petit-ringoより鍵コメriemamaさんへ 2010/12/03 21:49  URL [ 編集 ]

鍵コメかお。さんへ

ホントに長いよね~(~_~;)携帯スクロールするのに大変(笑)

アメリカから帰国したらドーンと日本のメディアも頼みたいね!

私もドMなんで同じタイプよ(爆)
by petit-ringoより鍵コメかお。さんへ 2010/12/03 21:54  URL [ 編集 ]

拍手コメhappy coralさんへ

はじめまして~
喜んで頂いて良かったです(^ω^)
またどーぞ♪
by petit-ringoより拍手コメhappy coralさんへ 2010/12/04 01:18  URL [ 編集 ]

拍手コメkiyokoさんへ

仁さんを取り上げてくれる記事はしっかりと記録しておきたいですからね♪

まぁ…追いかけるに時にはアワアワしますが(笑)
by petit-ringoより拍手コメkiyokoさんへ 2010/12/04 01:25  URL [ 編集 ]

拍手コメtaeさんへ

今の仁さんの考えなどを知れるインタビューは有り難いですよね!

早く日本のメディアも上手に仁自身リラックスさせてのインタビューを期待したい!
by petit-ringoより拍手コメtaeさんへ 2010/12/04 01:28  URL [ 編集 ]

拍手コメsayuさんへ

確かに、インタビューの和訳は楽だったらしいけど、レポは表現の仕方が難しかったみたい。

これだけ英語漬けだと英語が苦手なファンも少しは身近に感じれて良いことだよね!

私も更なる努力を怠らないようにするよー^^v
by petit-ringoより拍手コメsayuさんへ 2010/12/04 01:46  URL [ 編集 ]

拍手コメpoohさんへ

はぁ~い!
喜んでもらえて良かったわ
仁さんの素晴らしさを早く日本でも評価して欲しい!
世界に羽ばたく仁だけど、日本でももっともっと暖かい空気が広がると良いなぁ~^^
by petit-ringoより拍手コメpoohさんへ 2010/12/04 01:52  URL [ 編集 ]

拍手コメmakiさんへ

はじめましてm(__)m
お役に立てて…幸いです(笑)
またどーぞ♪
by petit-ringoより拍手コメmakiさんへ 2010/12/04 01:54  URL [ 編集 ]

拍手コメふみりんさんへ

わざわざコメント残して頂いてありがとうございます^^
こんな長い英文、勉強ならNo Thank Youですね(笑)
by petit-ringoより拍手コメふみりんさんへ 2010/12/06 12:02  URL [ 編集 ]

拍手コメめろんさんへ

今の時代、英語は必須なんですよね~

もう少し早い時代に小学生から英語を勉強出来たらと…(^_^;)

かなり遡るけど(爆)

いつかは海外公演行きましょ~♪
by petit-ringoより拍手コメめろんさんへ 2010/12/08 12:33  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petit-ringo

Author:petit-ringo
東海地区に住むいい大人ですが、仁にハマッテ平凡な日々が一転、毎日楽しくて笑って生きています。

仁の歌声、つくり出すサウンド、リリックに浸っている毎日です。

時々、妄想モードで、R18になるかもしれません(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ポチッとしてね↓

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。