スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ポチッと押してね~^^                                         
by petit-ringo  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ワーナーSFレポ&Kirin Media和訳

昨日はスタッフMEMO、JIN AKANISHI US TOUR @San Fransiscoがアップされましたね^^


「とにかくお客さんに楽しんでもらいたい。それで自分自身も楽しみたい。そんなツアーにしたいんです。」

じんじんのそういう気持ちはたくさんのレポを読んでるこっち側にも伝わってきたよ~~~!
そして驚くことに。

そして、最終日ならではのサプライズ!!
鳴り止まないアンコールに応えJINは、iPodからの音源をつないでもらい、
「Bass Go Boom」をコレオグラファーのSKYとフリースタイルダンスで披露。
JINも楽しそう!お客さんも楽しそう!!

と、iPod音源でのBGBだったとはね(・。・;

あぁ~~~あんなノリノリのじんじんに会えるのはいつになるんだろう~~?
そうだった!事務所にお願いしなくっちゃ!笑


さてツイです。
@nickisun
When I told @Jin_Akanishi that he was #1 on the @myxtv Top 10 for 5 weeks straight, he was like “Wooowwwww, that’s amazing!” So cute^_^
赤西仁にMYXTVで5週連続トップ10入りしてるって言ったら「Wooowwww!それ凄い!」だって。メチャ可愛い^_^

フリーランスのだけど、MYXTVでも仕事をしてるみたいですね。

@KirinMediaCO
We've listened to Japonicana many times, but this will probably go the same way BoA's US album did, down the hatch.
Japonicanaを何度も聞いたが、恐らくBoAのUSアルバムと同じ感じだろう。乾杯!

と、驚くことに3/15時点では酷評していたそうですが(苦笑)、今はその記事は消され違う方が再レビューされたようですね。
じんじんもまだまだこれから。
たくさんの方にこうして評価してもらえることが大事ですね。
叩かれてビッグになっていって欲しいな。


ではKirin Media和訳が届いたので続きに入れますね^^(オリーブ姉ちゃんお疲れでした!)
    ポチッと押してね~^^                                          Kirin Media和訳です。

We don't usually re-review albums but OK. Jin Akanishi deserves a second shot. Japonicana is an A+ effort.
通常アルバムレビューは再掲載しないが、赤西仁は再掲載に値する。Japonicanaは、A+努力。(このサイトの評価だと思う)


ここからがレビューの和訳ですね。

JAPONICANA’S APPEAL:CAPTIVATING, TIGHT SOUND
Japonicanaの魅力:魅惑的かつ格好いいサウンド

We gotta give Jin some much deserved props. The prepared effort labored into this album shows on virtually every track. Japonicana is a strong contender for the US market and has a very mainstream sound that would suit just about anyone who enjoys a good Pop / R & B album. There are 9 tracks total. The runtime is a bit short but for this album, it’s quality over quantity and every single song adds something significant.
仁に相当の敬意を表しないといけない。このアルバムに注いだ準備努力が、いずれの曲にも実際に現れている。JaponicanaはUS市場において十分戦っていけるし、Pop/R & Bアルバム好きな人達が好むメインストリームのサウンドが入っている。全部で9曲。(US版+1曲) このアルバムとしては実際の(演奏)時間は少し短いが、量よりも質、そしてその曲も深い味わいが加えられている。


Sun Burns Down – This is fine dance track, considering it’s the first track on the album it quickly shiftsJaponicana into gear and starts it off on a strong note. Not only is it a fantastic dance track, but Jin’s vocals truly shine. While other artists are quick to eliminate imperfections with autotune, Japonicana shows that Jin doesn’t need it. And this is a pattern that repeats itself on all the tracks – the clarity and natural tone of Jin’s voice is easy to recognize.
Sun Burns Down - アルバムの最初の曲として考えれば素敵なダンス曲であり、すぐにJaponicanaへ本格的に入りこみ、イイ感じで力強い曲へ移っていける。単に素晴らしいダンス曲というだけでなく、まさに仁のボーカルが際立つ(輝く)。他のアーティストはオートチューン(ボーカルを修正するためのソフト)で欠点をすぐに消そうとするが、仁にはその必要がないことがJaponicanaに表れている。そしてこれは全ての曲で繰り返されるパターンだが、仁のボーカルの鮮やかさと加工していないトーンはすぐ分かる

California Rock (feat. Prophet) – I’d like to hear this played in the clubs in LA because it’s got that “Party Rock Anthem” blast quality to it – the type of song that gets everyone up and on the dance floor. It’s a really tight mood enhancer.
California Rock – これはLAのクラブで以前聞きたかった曲だ。なぜなら、”Party Rock Anthem”のような素晴らしいクオリティーだし、この手の曲は誰もが踊りたくなるような曲だから。

That’s What She Said (feat. Uffie) – It turns out that this song is actually playing off of the “That’s what she said” joke. The whole idea is to turn simple words into word play, hence it’s not meant to be taken seriously. It has a really addictive beat and having Uffie featured on here was a nice touch. The flow ends up sounding really stylish and it’s refreshing to hear the gritty sound that gives underground DJs their notoriety re-engineered through this track.
That’s What She Said – この曲は”That’s What She Said”のフレーズを言葉遊びとしている曲だ。全体としてのアイディアは、単純な単語を言葉遊びに変えているところである。だから真面目に受け取る必要はない。本当に病みつきになるビートだし、この曲にアフィがコラボしているのが、いい感じだ。

Like You – After three addictive, uptempo tracks, a softer R & B track would be a welcome release right? “Like You” starts out on a memorable note: “1 finger to the haters, 2 fingers to the path, high five girl we made it.” Strong lyrics that entice me to listen more. The shimmering low-key nature of the song gives it a long-lasting impression. But for me, it’s the lyrics that make this song so appealing.
Like You - 3曲の病みつきになるアップテンポ後のソフトなR&Bは、喜んで受け入れるでしょ?”Like You”は、覚えやすい歌詞で始まる:”1 finger to the haters, 2 fingers to the path, high five girl we made it” 強い歌詞が、もっと曲を聞きたくさせる。歌詞のキラキラする低音な質感が、ずっと続く印象を与える。でも私にとってのこの曲の一番の魅力は歌詞である。

Set Love Free – It’s similar to the above track in the sense that it keeps the tranquil vibe going but it has slight reggae undertones to it. “Set Love Free” marks a relaxing break in the album. There’s something very mesmerizing and euphoric about this track, kind of reminiscent of a warm night on the beach – carefree and indulgent.
Set Love Free – 落ち着いた雰囲気があるという意味では、これまでの曲と同じだが、多少レゲエの要素が加わっている。”Set Love Free”はアルバムの中でリラックスする曲になっている。この曲には魅了され、幸せな気分になる何かがある。温かい夜のビーチを連想させる - 気楽で気ままな感じ。

Aphrodisiac (feat. Static Revenger) - Ladies and gents, this is the star track on the album hands down. Another hot dance track and the hook chorus couldn’t be more catchy or addictive. I can absolutely see this track being a top 10 iTunes slayer. It’s passionate and intense while still remaining very pleasant on the ears.
Aphrodisiac – 皆さま、アルバムで断トツな曲がこれです。他の素晴らしく聞かせるダンストラックもとてもキャッチーで止められないものばかりだが、私はこの曲は間違いなくiTunesでトップ10に入る曲だと思う。耳に心地よく残る情熱的で強烈な1曲だ。

Oowah – “Oowah” has a very captivating quality to it, a good steady rhythm and a melody that bubbles over with good vibes. While “Set Love Free” is a warm night on the beach, “Oowah” is a drive down the coast – an automatic mood lifter.
Oowah – この曲はとても魅惑的だ。いい雰囲気が溢れ出て、イイ感じに安定したリズムとメロディーがある。”Set Love Free”は温かい夜のビーチ、”Oowah”は海岸まで車でやって来た感じ - 自然にムードが高まる。

Test Drive (7th Heaven Remix) [feat Jason Derulo] – This album has a seriously satisfying abundance of dance tracks. This is the 5th in the album’s streak of great clubbing hits. The 7th Heaven remix dips “Test Drive” more into the trance genre, but it’s welcoming to hear trance experimented with on the album especially considering that up to now its been a balanced mix between pop and R & B, trance comes in at a good time.
Test Drive – このアルバムは、本当に満足するダンス曲が満載だ。この曲は素晴らしいクラブヒットが続くアルバムの5曲目に入っている。7th Heaven remixは”Test Drive”がさらにトランスのジャンルに入りこんでいくようだ。しかしアルバムでトランスを試してみるのは歓迎すべきであり、特に今までを考えるとポップとR&Bの中間のバランスのとれたmixだったから、トランスをここでもってくるのはタイミングとしてはいい。

Tell Me Where – It marks the start of a new direction. The beats are there but it’s all secondary to the vocals. “Tell Me Where” is not overtly fast or slow but it makes the best of its mid-tempo style. The raw slickness of the chorus tends to repeat long after its last play.
Tell Me Where – これは新しい方向性への始まりの曲。ビートありきだが、(ビートは)ボーカルの次にくる感じだ。”Tell Me Where”は、あからさまに速くも遅くもなく、しかしベストなミッドテンポに仕上がっている。コーラスのとても良い滑らかさが最後の曲ながら繰り返しずっと聞きたくなる。

The fact that all the tracks contribute something makes the overall album a worthy accomplishment. All nine tracks utilize the best sounds and beat frequencies to their advantage. The result is a labor of love, something that takes all the best elements of post-2010 pop and recreates it in a memorable and unique way. One of the most important aspects of the album is that it takes current trends into account. The sound ends up being something that could only have come from a post-2010 era. Any of these tracks would make fine additions as singles, although we’re hoping it’s “Aphrodisiac.” It may be our favorite song on the album but the rest of the tracks are behind by mere centimeters. Overall Japonicana is tight and pleasurable, an album fit for the mainstream market.
何かを担っている全ての曲は、全体的にみて完成に値するアルバムになっている。全9曲はベストな音とビートを大いに活用している。(このアルバムは)好きでしている仕事の結果であり、2010年以降の最も良い要素を持ち合わせ、覚えやすくユニークな方法で再現された作品だ。このアルバムの最も大切な特徴の1つは、現代のトレンドを取り入れている点だ。2010年以降にくるであろう音で終わっている。曲は全てシングルとしても病みつきになるような作品だか、私達としては”Aphrodisiac”がそうなることを望んでいる。アルバムの中でお気に入りの曲だ。しかし他の曲も数センチの違いで良い作品である。総合的にみてJaonicanaは、メイン市場に合っているかっこ良く楽しいアルバムだ。

This is Jin’s most recent single, Sun Burns Down. We highly recommend purchasing the Sun Burns Down single since the Bill Hamel & Meux Green remix and Razor & Guido mix are amazing.(Sun Burns DownのMV)
これは仁の最も新しいシングルSun Burn Down。Bill Hamel & Meux GreenとRazor & Guido mixが素晴らしいので是非購入することをお勧めする。


Aphrodisiacがアルバムの中でお気に入りの曲って私と同じだわ~~
1曲1曲ごとの丁寧なレビューありがたいですね^^

by petit-ringo  at 07:43 |  JAPONICANA TOUR |  comment (1)  |   |  page top ↑
Comments

拍手コメsayuさんへ

こんなに丁寧なレビューはファンでもなかなか出来ないわ(笑)

踊るじんじんをずっ~と待ち望んでいるから是非ともお願いしたいわ!

う~~ん、色々な意見があるよね。
私も余りにも批判的な意見はスルーしてるよ。
だってあくまでもファンはファン。
影ながら応援してあげたいな(^ー^)
by petit-ringoより拍手コメsayuさんへ 2012/03/22 12:53  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petit-ringo

Author:petit-ringo
東海地区に住むいい大人ですが、仁にハマッテ平凡な日々が一転、毎日楽しくて笑って生きています。

仁の歌声、つくり出すサウンド、リリックに浸っている毎日です。

時々、妄想モードで、R18になるかもしれません(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ポチッとしてね↓

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。