スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ポチッと押してね~^^                                         
by petit-ringo  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

Kirin Media CO和訳

昨日は渋谷のテスドラの看板がエビさん達と交代したそうですね。


5ヵ月前の興奮が昨日のことのように思い出します。
USデビューのいい宣伝になったテスドラ看板くんお疲れさまでしたm(__)m
また近い将来、渋谷の街でじんじんが見れますように^^

47RONINは凄いだろうね~~ククク




NY daily news記事です。

気になる部分はコレ。

Justin Bieber has reportedly done some recording for his upcoming album with Japanese pop star Jin Akanishi. Already, Akanishi’s first U.S. single, “Test Drive,” featuring Jason Derulo, has hit No. 1 on the iTunes Dance Chart.
ジャスティン・ビーバーが次のアルバムで日本のポップスター赤西仁とレコーティングしたと報じられている。すでに赤西は、ジェイソン・デルーロとコラボしたファーストシングル”Test Drive”が、アメリカのiTunesダンスチャートで1位を獲得している。


聞く話によるとreportedlyの単語は、くせもので情報源が分からないから噂だけの時もあるらしいですね。
でも実現したら凄いですよね!




教えてもらいました!
3/31付US BillboardチャートでTest DriveはDance/Club Play Songsチャート49位だそうです(14週目でWeeks on Chart 5位)
JAPONICANAもがんばれ~~~~~!


NewYork Biz 赤西仁、全米ツアー完走米デビューアルバムで記録更新と記事がアップしていますね。
記録を更新し続けるAKANISHIに今後も注目したいとの言葉が嬉しいです^^



ツイです。

KirinMediaCO
Went to Jin's live in Los Angeles! Fun times were had. It was basically a big dance party.
LAでの仁のライブに行って来た!楽しかった。要は大きなダンスパーティーだ。


Kirin Mediaでは仁さんの記事がアップされています。

Some more photos in our gallery の"gallery"をクリックするとじんじんのツアー写真がたくさん見れますね^^
ライブ感が伝わる写真はイイですね~~~


ではKirin Media CO和訳が届いたので続きに載せま~す!(お疲れさま!いつもサンキュー~~!)


    ポチッと押してね~^^                                         
では和訳です。

As you may already know, Jin Akanishi is branching out from his J-pop boy band KAT-TUN days and is now touring the US with his brand new, all English album, Japonicana. Not sure what the big deal is about Jin Akanishi? It’s kind of like when Justin Timberlake left N*SYNC, but with much hotter people involved.
既にご存知の通り、赤西仁がJ-popバンドKAT-TUNから分かれ、全曲英語歌詞の最新アルバムJaponicanaを引っ提げUSツアーを行っている。赤西仁のどこかが凄いのか、よく分からない。ジャスティン・ティンバーレイクがN*SYNC(イン・シンク:共同作業者にはブリトニー・スピアーズ、バック・ストリートボーイズ等)を抜けた時と同じ感じか、しかしその時はもっと魅力的な人達が関わっていた。

The setting? Los Angeles. March 9th. Jin fans both old and new were treated to a night of high energy dance songs and a new perspective of Jin that they hadn’t seen before. From an audience perspective, it’s hard to separate the Jin who is embarking on a separate US solo career from the Jin who was previously apart of the boy band but I feel he showed us a new side to him that would’ve been impossible to see several years back. The commitment he’s made to being a solo artist tied in to this show.
舞台? ロサンゼルス、3月9日。以前からのそして最近の仁ファンが、今までに見たことがないエネルギッシュなダンス曲と新しい視点からの仁を味わった。ファンの視点からは、以前所属していたグループでの仁とUSでソロ活動を始めた彼とを切り離すのは難しい。しかし数年前にはあり得ないと思っていた彼の新たな一面を見れるようにしてくれた気がした。彼がソロアーティストになったこだわりがライブにつながったのだ。

Jin’s opening act was Youtuber, Joseph Vincent. His 30 minute set was filled with covers and a few original songs. The highlight was when Joseph threw a T-shirt into the crowd and the lucky gal who caught the shirt was escorted on stage, and serenaded. “It’s my belief that every girl should be serenaded once in their life” said Joseph.
仁のオープニングは、Youtube利用シンガーのジョセフ・ヴィンセントだった。彼のライブはカバー曲と数曲のオリジナル曲だった。ジョセフがTシャツを観客に投げ、そのTシャツをキャッチした幸運なギャルがステージに上がりセレナーデが流れた時がクライマックスだった。
「女の子は誰でも、人生に1度はセレナーデを聞きたいと僕は信じている」とジョセフが言った。

After a short break, it was Jin time! He started off his set wearing sunglasses, and barely took them off during the rest of the show. I found the glasses made it a bit harder to connect with him but on the other hand, his new music sounds fantastic, really surprisingly fit for the American mainstream pop scene. Just as the crowd was really getting into his music, suddenly everyone walked off stage and there was a 15 minute intermission. 15 minute intermission? I suddenly felt like I was at an opera, but not nearly dressed classy enough for the occasion.
短い休憩の後、仁のライブ!いつも通りサングラスをかけたままライブは始まり、ライブ中もほとんど外すことはなかった。サングラスはいくらか体にフィットするように硬めにしてあるように見えたが、一方で新しいサウンドは素晴らしかった。本当に驚くほどにアメリカのメインストリームのポップに合っている。まさに観客が彼の音楽に引き込まれる最中、誰もが突然ステージから離れて歩きだし15分の休憩になった。15分の休憩?まるでオペラに来ているのかと思ったが、そんな場所に相応しい服装をしていたわけでもなく。

The show resumed with much more flair than the first half of the show. This is where Jin preformed “Test Drive”his first US single, which the crowd loved! After two more songs, Jin left the stage again, and a rapper appeared and started rapping to Kanye West and the Jay Z song “Niggas in Paris “ and then asked the crowd “Wanna see Jin freestyle?” The crowed cheered and Jin returned to the stage. Instead of rapping, he mumbled a bit, shook his head, and said “No, I can’t!” and then he fell to his knees and looked at the ground, while the rapper tried to entice him to rap. “Who wants to see Jin sing ‘California Rock’?” and again, the crowd cheered and Jin went right into the song. The earlier banter had definitely lightened the mood but the momentum and force of“California Rock” brought back the energy. He does have some seriously good dance songs. If you enjoy dancing, a Jin concert is where it’s at.
ライブは、前半よりさらにしゃれた感じで再開した。観客が大好きな、仁のUSファーストシングル”Test Drive”を披露した時がそうだ。2曲終わったところで、仁が再びステージからハケ、Prophet(ラッパー)が登場しカニエ・ウエストやJay Zの”Niggas in Paris”をラップし始め、観客に向かって「仁にフリースタイルでやって欲しいか?」と問いかけた。観客が歓声を上げると、仁がステージに戻ってきた。ラップする代わりに、ブツブツ呟きながら頭を揺らし「ムリ、出来ない」。そして膝をつき床に目を向けた。一方ではProphet(ラッパー)が、仁にラップするように誘っていた。すると今度は「仁にCalifornia Rockを歌って欲しい人?」と聞くと、観客は歓声を上げ、仁は曲に入っていった。最初の”冷やかし”は雰囲気を明るくしたが、California Rockの勢いと力強さがエネルギーを呼び戻した。本当に素敵なダンス曲を披露した。もしダンスを楽しみたいなら、仁のライブはまさにそれだ。

The concert ended on a very high note. His encore was “Seasons” sung entirely in Japanese. He seemed instantly more confident and his voice was louder and stronger than it had been in the previous songs. It was a wonderful way to end the show.
ライブは大盛況のうちに終わった。アンコールは”Seasons”を全て日本語で歌い、たちまちもっと自信があるかのように、1つ前の曲よりかは声が大きく力強く感じられた。こんな風に終わるライブは素敵だ。

Over all, Jin Akanishi is talented and has some great songs to offer. He can dance and put on a really great show. The background tracks could have been softer. I like to hear a good beat but it’s hard to hear Jin’s voice above such startlingly loud music. And dancing. The background dancers were amazing, but I would have liked to see Jin show off more of his legendary showmanship skills particularly in the first half of the concert. I wish Jin the best of luck here in the states and hopes he finds that spark he had in KAT-TUN. Once he does that, he will be unstoppable.
全体に渡り、赤西仁は才能があり素晴らしい楽曲を披露出来る人だ。踊れるしライブも本当に素晴らしかった。バックの音が、うるさかったかもしれない。素敵なビートを聞くのは好きだが、ビックリする位の大きな音で仁の声が聞きづらかった。そしてダンス。バックダンサーは、凄かった。しかしライブ前半で、特に彼の有名なショーマンとしての力量をもっと見せて欲しかった。ここUSでの仁の成功を祈っているし、KAT-TUNの時のような輝きを感じられるといいなと思う。最後にもう一度、彼は成し遂げたし、もう止められないのである。


まだまだ課題はあるけど、まだまだこれからですよね!
成功を祈ってるとの言葉が嬉しいな^^

テーマ: 赤西仁 -  ジャンル: アイドル・芸能
by petit-ringo  at 02:03 |  赤西 仁 |  comment (2)  |   |  page top ↑
Comments

拍手コメえむさんへ

レス遅くなりましたm(__)m
色んな壁が立ちはだかりますが、仁さんはまだまだこれからですよね!

楽しく応援していきましょうね♪
by petit-ringoより拍手コメえむさんへ 2012/03/26 12:53  URL [ 編集 ]

拍手コメtaeさんへ

レス遅くなりましたm(__)m
裏方の仕事が好きだから、今回の自粛期間におもいっきり曲作りしてて欲しいですね~(^ー^)
by petit-ringoより拍手コメtaeさんへ 2012/03/27 12:39  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petit-ringo

Author:petit-ringo
東海地区に住むいい大人ですが、仁にハマッテ平凡な日々が一転、毎日楽しくて笑って生きています。

仁の歌声、つくり出すサウンド、リリックに浸っている毎日です。

時々、妄想モードで、R18になるかもしれません(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ポチッとしてね↓

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。