スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ポチッと押してね~^^                                         
by petit-ringo  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

Asia Pacific Arts和訳

昨日はこんなツイがありましたね^^


仁くんと話しながら決めます。海外シングル曲に負けないくらいカッコいいのやるつもりです!(*^^*)

この方3月29日にこんなツイをした方なんですよね。

おはよーw 昨日はいろいろとあったな。会議詰めだった。EXILE、東方神起、倖田來未、少女時代、fx、my name、赤西君、まだまだたくさん(>_<) さてどこから行きますかね。今年もヒット曲たくさんリリース出来たらイイな。少しでも多くの人に届けられるように、まずは楽しもう

これは何かが動いてるんでしょうか???

海外のシングル曲に負けないくらいってどんだけカッコいいんだぁ~~~~~笑
日本語の曲と捉えていいの?
お友達がもしかしたらドラマかな?って…(キャー笑)
ん~~~気になりますね~~~(*^。^*)


めざましでやってましたが、Pちゃんの新曲がアニソンなんですね(いいなぁ~~~)
仁さんのお仕事も早く動け~~~~!


さて、Asia Pacific Artsにライブレポがアップされましたね^^

和訳は続きに入れます。(長文和訳お疲れさま~~~^^)
あっ、長いので分けますね^^;

では和訳です。


Welcome to Japonica!: Jin Akanishi Concert Review
ようこそJaonicana!:赤西仁コンサートレビュー

Jin Akanishi's second US tour in Los Angeles was a cross cultural experience that revealed the more human side of the global superstar.
by Joann Park, Ujin Kim
LAでの赤西仁2度目のUSツアーは、世界的スーパースターのもっと人間的な側面を見せてくれた異文化体験となった。

The night of March 9, 2012 will go down in history... or it should. There is nothing that unifies people better than music, and on March 9, L.A. Live in Los Angeles was buzzing with nightlife for not one, but two high-profile Asian concerts: the Korean pop group CNBLUE and FTISLAND on one side (at Nokia Theatre), and the Japanese superstar Jin Akanishi's Japonicana concert on the other (at Club Nokia).
2012年3月9日夜は、歴史に残るだろう・・・あるいは残すべきだ。 3月9日LAのライブでは、人々を一つにする物は音楽以外何もなかった。LAライブは活気に溢れていた、それは1つではなく2つの注目を浴びるアジア人のコンサートだ。韓流ポップグループCNBLUEとFITSLAND(Nokia Theatre)、もう1つが日本人スーパースター赤西仁のJaponicanaコンサート(Club NOKIA)だ。

Club Nokia was bumping, as it was the first concert for Jin Akanishi's second US tour. Jin Akanishi traveled all over the States, including New York City, Honolulu, and ending in San Francisco, spreading the music of his new album Japonicana and pleasing his die-hard fans indeed.
Club Nokiaは、赤西仁の2度目のUSツアー初日で会場は揺れていた。赤西仁は、NY、ホノルル、最終地サンフランシスコを含めツアーで全米を廻り、アルバムJaponicanaの音楽を広め筋金入りなコアなファンを喜ばせた。

Jin Akanishi is a top selling Japanese artist who was formerly the lead vocalist in the mega-popular KAT-TUN, a band who set a record for being the first artists to perform for 10 consecutive days at the Tokyo Dome Stadium (Japan's equivalent to Madison Square Garden).
赤西仁は、超人気グループKAT-TUNのリードボーカリストで日本人アーティストにおいては超売れっ子だった。このグループは、連続10日間東京ドームコンサート(日本のマジソン・スクエアー・ガーデンのような場所)公演という記録を残した最初のアーティストである。

Already having conquered the hearts of his fans in his homeland, Jin Akanishi is reaching for even higher stars by trying to bring his music to America and the world. In 2009, Jin Akanishi delivered 32 shows for his first emergence in the US market with his "You & Jin Tour," selling out venues all over the country. Japonicana is his recent US debut album with the Warner Music Group, featuring tracks from renowned producers such as Stereotypes.
すでに母国ではファンの心を射止めた彼が、アメリカそして世界へ彼の音楽を広めようと更なるスターへの活動を広めている。2009年赤西仁は、”You & Jin Tour”と称し全国的で完売した32公演を行ったのちアメリカ市場へ初めて姿をみせた。Japonicanaは、ワーナー・ミュージック・グループから発売の最新USデビューアルバムで、ステレオタイプスのような有名なプロデューサーが手掛けている。

では残りは続きにど~~~ぞ!
    ポチッと押してね~^^                                         
続きです。

In a Q&A with the Examiner, Jin explained: "The word 'Japonicana' comes from Japan, America and Spain…There's more than one genre -- dance, pop, hip-hop, and R&B. It's like my baby, because I created it from scratch."
ExaminerのQ&Aで仁は、「Japonicanaは、Japan、America、Spainが由来・・・1つのジャンルだけなく・・・ダンス、ポップ、ヒップ・ホップ、R&B。最初から作り上げてきたので、僕の子供みたいです。」と言っていた。

Club Nokia was an extremely smart decision as the venue. Immediately upon entering the room, the lively atmosphere was infectious to all. The venue was set up with the main stage in the center with a small dance area slighting below it and the seating area at the very back. The entire venue was small in scale, creating a much more intimate atmosphere; yet, the production (i.e. lights and music) were bigger than life. At one point during the performance, the jumping and dancing fans seemed to be part of the show, as the movement of Jin and his dancers synchronized with the energy of the fans.
Club Nokiaを会場として選んだのは、とても賢い選択だった。入口を入るとすぐに、ライブの雰囲気が全体によく伝わってくる。会場は中央にメインとなるステージがあり、そこから少し下がった所に小ぶりのダンスエリア、一番後ろに座る席が位置している。会場は規模で言えば小さく、くつろげる雰囲気を作りだしているし、照明や音楽等の演出は実際より大きく感じられる。もう1点、ライブ中の仁やダンサーの動きがファンのエネルギーとシンクロしている様に、とび跳ねたり踊ったりするファンがライブの一部に感じられる。

The crowd ranged from teenyboppers to fully-blossomed adults. The dress code seemed to demand fur, feathers, and rhinestone belts. (Unfortunately, we missed the memo!) Entering the club was similar to walking into a Wonderland; however, we were surprised to see that many of the audience seemed be mainly Japanese speakers -- with the random sprinkle of multicultural die-hard fans that support Jin Akanishi regardless of ethnicity, dress code, or background.
ファンは、10代から成熟した大人まで幅広かった。ドレスコード(服装規制)は、毛皮、フェザー、ラインストーンベルト。(運悪く、メモし忘れた)クラブに入ると、そこはまるでワンダーランド(不思議の国)に入り込んだようだった。しかし観客の多くが主に日本語を話しているのには驚いた・・・民族性、ドレスコード、バックグランドは関係なく、赤西仁を応援しているのは多文化に広がっている筋金入りコアなファンなのだ。

Well-known YouTube star and Asian American songwriter and artist Joseph Vincent was the opening act. Joseph Vincent came out with his handy and familiar acoustic guitar to serenade his the audience, performing his new Valentine's hit "S.A.D. (Singles Awareness Day)." Although he is an accomplished YouTube star and charming performer, the crowd seemed to be unfamiliar with his work.
You Tubeスターで知られるアジア系アメリカ人ソングライターのアーティスト、ジョセフ・ヴィンセントが前座を務めた。ジョセフ・ビンセントは、ハンディーで馴染んでいるアコースティックギターで登場し、新しいバレンタインヒット”S.A.D.”を披露した。彼は優れたYou Tubeスターで素晴らしいパフォーマンスで観客を魅了したけれど、観客は彼の作品についてはよく知らないようだった。

After the awkward opening, Jin fans were more anxious than ever. After patiently sitting through numerous cheesy 90s songs, the only and only Jin made his entrance, performing his recent hit "Sun Burns Down." During performances of "Sun Burns Down", "Yellow Gold" and "Test Drive," his dancers helped Jin keep the energy and flow of the music at a constant high, while the singer concentrated on his vocals -- which were stellar, as expected.
ぎこちないオープニングの後で、仁ファンはそれまで以上に(仁のパフォーマンス)を見たくなったようだった。90年代の派手な曲を最後までじっと聞いた後、仁が登場し最新ヒット”Sun Burns Down”を披露した。”Sun Burns Down” ”Yellow Gold” ”Test Drive” では、ダンサーは仁がヴォーカルに集中している間、エネルギーや音楽の流れが盛り上がり続けるのをサポートしていた。

One constant of the night was Jin's white rimmed sunglasses (which he explains in an Asia Pacific Arts interview conducted prior to the concert). Other than that, the only thing fashionable about Jin was his lateness. For most of the night, he had on a casual black jacket, slouchy pants that looked like sweatpants, his signature shades, and the most puzzling fashion piece of all, a thick multicolored scarf wrapped tightly around his neck. His back-up dancers seemed to have more outfit changes than he did, and quite frankly, they seemed to outshine him with stage presence as well. Jin Akanishi may have put his best foot forward in every performance, but his onstage dancers led with their entire bodies.
その夜変わらなかったのは、仁の白ぶちのサングラスだった(Asia Pacific Artsのインタビューで仁が説明している)。それ以上に、仁のファッションだけが遅れていた。カジュアルな黒ジャケット、スウェットパンツのようなだらしないパンツ、シンボルのサングラス、最も不可解なファッションアイテムの集まり、首にきっちり巻かれた厚手で多色なスカーフ。バックダンサーの方が彼よりもっと衣替ええがあり、正直言ってステージでは仁より勝っていた。赤西仁は毎回のパフォーマンスで出来るだけ良い印象を与えようとしたのかもしれないが、ダンサーは体全体で仁よりリードしていた。


During one of the outfit changes, the beats to "Ni**as in Paris" came on, and a rapper (we admit, we were hoping it was the real Jay Z himself at first) entered the stage and performed his rendition of the song. Jin then joined the stage, and the mysterious rapper -- who was not even properly introduced -- challenged Jin to a rap battle. Jin, quite hesitant at first, made multiple attempts at rapping with much encouragement from his fans. However, after many tries, Jin adorably confessed "I can't rap..." -- drawing laughter and "awws" from the audience.
1回の衣装替えの間、”Ni** as in Paris”が流れ、1人のラッパーがステージに登場しパフォーマンスをした。仁はその後ステージに登場、そして神秘的なラッパー・・・ちゃんと紹介されなかったが・・・仁にラップ対決をせまった。仁は、最初ためらったがファンの期待に応えようと勇気を振り絞って数回ラップに挑戦しようとした。しかし、何度かの挑戦の後、愛らしく「ラップはムリ」と認めた。・・・それがファンから、笑いや「おぉ~」を誘った。

Although the improvised transition may not have showcased Jin's strengths, it made "Jin the superstar" more human. We got to see his humor, a side of him that laughed, joked, and genuinely smiled. It was the only time he really interacted with the audience, and they appreciated every moment of it.
即興で次の曲へ繋ぐという点では、仁の力を示すことにはならないかもしれないが、”スーパースターの仁” がもっとも人間らしかった。私達は、仁のユーモア、彼の笑いやジョークの一面、心からの笑顔を見ることが出来た。彼がファンと交流出来る唯一の時間であり、その一瞬一瞬に感謝していた。

The finale ended with a moment that surprised not only his fans -- but also seemed to catch Jin himself off-guard. After ending his rendition of "California Rock" with a bang, the production team began to loop another song right afterward. Perhaps it was by accident; perhaps it just wasn't well-coordinated. In this state of confusion, Jin's on-stage dancers began to freestyling in attempts to cover up the fact that this indeed was not a planned part of the concert. That is, until Jin decided not to pretend anymore and sheepishly announced that the song was over.
最後の瞬間がやってきたことに、驚いたのはファンだけではなく、仁も不意をつかれたようだった。バンという音と共に”California Rock”が終わると、チームはすぐ次の曲へいきかけた。多分これはアクシデントだろう、あるいは上手く連係されていないかだ。この混乱で、仁のダンサー達はその状況がコンサートで計画されていなかったという事をカバーしようと、フリースタイルで踊り始めた。ただしそれは、仁がそれ以上そんな素振りを見せず、決まり悪そうにその曲が最後だと言うまでの事である。

Although he managed to proclaim his love and gratitude for his fans, it was a mishap that takes the prize for the most awkward way to "end" a concert.
仁はファンに愛と感謝をなんとか告げたけれど、コンサートの終わり方としては、最もバツが悪く不運な出来事だった。

Luckily, minutes later, Jin Akanishi came back out for an encore, performing his first Japanese song of the night -- and a ballad at that! "Seasons," on the other hand, ended the night on a perfect note, as it not only highlighted his amazing talent as a vocal artist and songwriter, but more importantly, his goal as a Japanese artist who is spreading his music to the United States and beyond.
幸運にも数分後、赤西仁がアンコールに応え再登場し、その夜初めての日本語の歌を披露した・・・バラード”Seasons”だった! 一方では完璧な状態で終了したのだ。際立って素晴らしかったのは、彼のボーカリスト、シンガーソングライターとしての驚くばかりの才能だけでなく、さらに重要なのがアメリカいやそれ以外の地に彼の音楽を広げている日本人アーティストとしての彼のゴールである。

余りに長いため途中で切れてしまってすいませんでした(T_T)

今度のツアーでは不可解なファッションなんて言われませんように(笑)
でも、ダメだしされるのももっともかも(おいっ!)

才能を誉めて頂いてるのも嬉しいけど、日本人アーティストとしてアメリカ、いや世界に羽ばたくのが仁さんのゴールってよく解っていただけてるのが嬉しいな^^
テーマ: 赤西仁 -  ジャンル: アイドル・芸能
by petit-ringo  at 18:45 |  JAPONICANA TOUR |  comment (3)  |   |  page top ↑
Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by  2012/04/13 09:26   [ 編集 ]

鍵コメjin・koさんへ

こういう正直な感想が入るってアメリカらしいね(笑)
赤西一家みんなでお出かけみたいだったね(^_^;)
by petit-ringoより鍵コメjin・koさんへ 2012/04/16 23:13  URL [ 編集 ]

拍手コメT・Mさんへ

番宣楽しみだったけど流れちゃったね~(~_~;)

そうだよね!
自分の力でハリウッド映画のお仕事を取って来たんだから心配し過ぎはイカンね^^;
by petit-ringoより拍手コメT・Mさんへ 2012/04/16 23:18  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petit-ringo

Author:petit-ringo
東海地区に住むいい大人ですが、仁にハマッテ平凡な日々が一転、毎日楽しくて笑って生きています。

仁の歌声、つくり出すサウンド、リリックに浸っている毎日です。

時々、妄想モードで、R18になるかもしれません(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ポチッとしてね↓

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。