スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ポチッと押してね~^^                                         
by petit-ringo  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

仁からのエネルギー&JaME Live Reorts和訳

昨夜は頭痛がひどく、9時前には寝てしまいました。

って、ことで匳のRAPも見ていません。
今日戻ったら見よ~~っと。


そして、ロスのお友達からこんなメールが届いてちょっと嬉しくなっちゃいました^^
ロスのEさんは観光ガイド的なお仕事もしているんだけど、突然昨日「赤西仁くんの情報を何かくれー!」って他のガイドの方に言われたそうです。
何こと?と思ったら、日本から来た60代のご夫婦のお客様で、仁くんのライブには来れなかったのでそのライブ会場であるnokiaに案内して欲しいとの依頼だったそうです。
奥さまが仁くんのファンで優しい旦那さまが連れて来てくださったそうです。

その現地のガイドさんは仁の事をよく分からなかったらしく困ってたそうですが、次のUSAライブに向けてきっと勉強してくれるのかな?笑
その日本人のご夫婦も次のライブには必ず来ますと言われていたそうです。

今回のロス公演でも参戦したお友達が60代の日本仁女性の方と偶然お話しする機会があったそうなんですが、お肌がツルツルで、とても60代には見れなかったんですよ~って言ってました。
恐るべし仁パワー!!
いつまでも。輝いて生きていけるエネルギーをくれる仁さんの存在って改めて凄いなって感じました。


それでは、昨日のJaMEのライブレポの和訳がオリーブ姉ちゃんから届きましたので載せておきます。
かなりの長文で訳すにも時間が掛かっただろうし、タイプするだけでも疲れるよね^^;(お疲れ~そしてThank you!)
では続きに入れますのでど~~ぞ!
  ポチッと押してね~↓
     b_04.gif



    ポチッと押してね~^^                                         
You and Jin in Los Angeles
live report - 08.07.2010 01:01
author: anna
KAT-TUN's Jin Akanishi makes his US debut with a bang.

KAT-TUNの赤西仁アメリカで華々しくデビュー


When it was announced that Jin Akanishi would be performing in Los Angeles, tickets were sold out practically before they even went on sale. The evening of the show, fans gathered outside L.A. Live, tickets in hand and eager to get in. The energy inside the small venue buzzed like electricity, and the moment the show began, excitement flared incandescent.
LAでの赤西仁のライブが発表されると、実際チケットは発売と同時に完売した。ライブ当日の夕方LA live外では、すでにチケットを手にしたファンが集まり、入場を心待ちにしていた。小さな会場の中ではまるで電気を帯びたようなエネルギーで活気づき、ライブが始まると興奮で会場中が光輝いた。

Two of Jin’s dancers, Boogie and Juice, came out on stage as the hosts. They worked the crowd, bringing the energy level even higher, then introduced the exclusive video footage to be shown. The audience burst into screams as Jin Akanishi appeared on the TV screens around the theater. The short clip featured Jin giving a brief tour of the venue, and the crowd cheered giddily each time he smiled into the camera.
ホストとしてダンサー2人、BoogieとJuiceがステージに登場。2人は観客をさらに盛り上げ、今回の独占映像ビデオが流された。会場周辺で撮影された赤西仁が画面に映し出されると観客はキャー!と悲鳴を上げ始めた。仁自らが会場を少し紹介した映像の中で、彼がカメラに笑いかける度に観客はくらくらする程の歓声を上げた。

After the video, another of Jin’s dancers came out to impress the fans with a solo dance. Joey Tee’s fluid movements amazed everyone, and it left the crowd ready for the dance crew that came on next, Striker All Stars. Their set, which included a mix of stomping, locking and acrobatics, was met with loud applause. Then, it appeared that Jin had chosen dancers that were multi-talented as Dominic came out and sang. His hip-hop, R’n’B style ballads mellowed the mood of the crowd, but everyone jumped back up when another video began to play on the TVs.

ビデオ紹介の後、別のダンサーが登場しソロダンスで観客を感動させた。Joey Teeの滑らかな身のこなしのダンスは誰もを驚愕させ、次に登場したStriker All Starsのダンスにも観客は心の準備は万端だった。彼らのエネルギッシュでロッキングでアクロバティックがミックスされたダンスは、大歓声とぴったりあった。そして仁が多彩なアーティストとしてダンスクルーに選んだDominicが登場し歌を披露した。彼のヒップホップでR&B調のバラードは観客のムードを落ち着かせたが、テレビ画面に次のビデオが流れると観客は急に立ち上がった。

This video showed Jin in the process of preparing for his shows in Los Angeles: he was auditioning dancers, rehearsing and having fun with his friends. It culminated with Jin finally appearing on stage, and the venue exploded with deafening screams. Right away, Jin showed that he was all business and started with a slow, almost mechanical dance. It seemed the theme was Jin’s arrival from outer space, which was reinforced by the futuristic images on the screen behind him and Jin’s robotically distorted voice as he welcomed the crowd. After announcing it was “time to party,” Jin moved to the drum set and opened with Christmas morning.

次に流れたビデオでは、仁のLAでのライブ準備の様子が紹介された。ダンサーオーディションを行い、仲間とリハーサルをして楽しんでる様子。そして仁の登場で締めくくられた。会場は割れんばかりの大歓声に包まれた。すぐに仁はゆっくりと機械的なダンスでショウを始めた。スクリーンに映し出された未来映像と仁のロボット風にゆがめられた声によって宇宙空間からやってきた仁が強調され、そして仁が観客を歓迎するというのがテーマのようだ。”time to party”の声と同時に、仁がドラムセットに移動し、Christmas morningでライブが始まった。

The English lyrics were conveniently shown on the TV screens, allowing fans to sing along on the spot, and many did just that. Jin’s highly distorted voice took on an otherworldly quality as he led the way through a stark, eerie soundscape. There was a brief interlude as Jin quickly strummed a silver acoustic guitar, then the instruments cleared the stage and Jin was left alone, reveling in the coldly beautiful world he’d created.

英語の歌詞がタイミングよくTV画面に映し出され、多くのファンもその歌詞に合わせて歌っていた。仁の高音でゆがめられた声は別世界の音色を創りだし、異常な音の空間を引っ張っていった。短い間奏のあと、すぐに仁はシルバーのアコースティックギターを弾き、そして楽器がステージから片付けられ、彼が創り上げた冷たく美しい世界で楽しむ仁が一人残った。

Bass go boom quickly charged things up as Jin and his dancers took the stage by storm, and the crowd only clapped harder and cheered louder as the dance track went on. Wonder, a clearly popular song, was up next, and the music video for the song was played on screen as Jin performed on stage. The audience grew almost giddy when Jin flirtatiously danced with one of his female dancers.

“Bass go boom” が勢いよく始まると、仁とダンサーがステージを席巻し、ファンは音楽に合わせて手をたたき、さらに大きな歓声を上げた。
明らかに人気のある “Wonder” が次に流れると、仁がステージで踊るなか、この楽曲のミュージックビデオがスクリーンに映し出された。仁が女性ダンサーの1人と絡んで踊るシーンでは、観客は目まいがする程にまで盛り上がった。


Next, Jin performed one of his new songs: I.N.P. The middle of the song included a mock rap battle, with Jin facing off against two of his dancers in turn. The song had a great energy and everyone in the venue was moving to the beat. Keeping up the rap flavor was Adjust the Love, a smooth rap song with a techno club beat. Jin and his friend shared the stage and lifted the audience with the hopeful lyrics. As the song finished, glowing screens were rolled out on stage and Jin ducked behind them. Suddenly, a game of “find-the-Jin” began as a few dancers dressed in the same white hoodie Jin had on ran around the screens. Just as the fans had decided which white jacket contained the real Jin, the man of the hour appeared, sitting on the riser at the back of the stage in a black jacket.

次に仁は新曲のうちの1曲”I.N.P”を披露した。曲の途中では、仁が2人のダンサーと順番に対決するラップバトルのようなシーンが組み込まれていた。とてつもないエネルギーを放つこの曲で会場の誰もがビートに合わせて踊っていた。
ラップの雰囲気をそのままにテクノクラブのノリで “Adjust the Love”。仁と仲間がステージを共有し 希望に満ちた歌詞で観客を盛り上げていった。曲が終わると真っ赤に染まったスクリーンがステージまで下り、仁はその後ろにひょいっと隠れた。すると突然 “仁を捜せ” ゲームが始まり仁と同じ白フードを着たダンサー2~3人がスクリーンで走り回った。ファンが誰が本当の仁か分かるかどうかのタイミングで、黒ジャケットを着てステージ後ろの階段に座った ”まさに彼” が現れた。



The sweet, crooning notes of A Page filtered from the speakers, and everybody sang along with Jin. Then it was time for Jin to don his now signature fedora for LOVEJUICE. Jin’s sexy dance moves had everyone going crazy, and the dance club setting became a clever lead in to Paparats when Jin’s good time was interrupted by hounding photographers. The belligerent song scolding the invasive media showed another side of Jin, but it didn’t last as Hey Girl took over. The light, sassy song had everyone dancing again, and it was a great way to end the first half of the show.

甘く囁くような声で”A Page” がスピーカーを通して流れ始めると、誰もが仁と一緒に歌を口づさんだ。そして彼の今の特徴の1つであるフェドーラ(帽子)を被り “LOVEJUICE”を披露。仁のセクシーなダンスの動きが誰をも夢中にさせる。そしてダンスクラブという設定から上手く次のシーンへ。しつこく付きまとうパパラッチに楽しい時間を邪魔され写真に撮られた仁がスクリーンに映し出され次の曲 “Paparats”につながった。どこにでも現れるメディアに不満を言うような攻撃的な曲は、仁の別の1面を表していた。しかしそれは長くは続かず、次に”Hey Girl” が続く。陽気で生意気な調子の曲に、誰もがまた踊り出しライブ前半の最高の終りになった。

Right before intermission, Jin made a surprise appearance at the bar where a few lucky fans were able to see him up close. The rest of the audience watched on the TVs as Jin toasted his fans and shouted how much he loved them. Bubbling over with joy, fans discussed the first half of the show while impatiently waiting for the second half.

幕あい直前、仁がバーカウンターに現れるというサプライズな登場をし、幸運なファン数人は彼を真近で見れた。他の観客はTV画面を見ていた。そして仁がファンに向け乾杯をし、皆をどれだけ好きか叫んだ。喜びいっぱいのファンは、後半が待ちきれない様子でライブ前半を振り返り楽しんだ。

The second half began with Jin’s dancers. Their names were put up on the screen as they each took a turn to show off their moves. Then Jin made his return and they began a series of different dances, the most amusing and innovative of which was the “Screen Dance.” Jin’s white coveralls became a blank canvas for the lighting crew to project images on: one moment Jin was a muscular man in a tiny swimsuit, in another Jin’s beating heart was going up in flames. Jin teased the crowd, throwing his hat to them but leaving everyone pouting in disappointment when the hat swung back to him on a wire.

後半はダンサーの踊りでで始まった。ダンサーの名前がスクリーンに映し出され、それぞれが自分のダンスを順番に披露した。そして仁の順番がくると、楽しく創造性に富む異なるダンスセッション”Screen Dance”が始まった。仁が着る白のオーバーオールが、照明で映し出される白いキャンバスとなった。タイトな水着姿で筋肉質な仁になったり、脈打つ心臓が炎で燃え上がったり。観客に向けハットを投げるが、ワイヤーで彼の元に戻ってきてしまい観客をがっかりさせたりと、ファンの視覚にいたずらを仕掛けて笑わせた。

The last dance segment was “World Dance,” which seemed to be an homage to Jin’s Japanese heritage. The girls wore kimono on stage, and Jin displayed his many faces with Noh inspired masks. As the dancing slowly wound down, Jin jumped right into Yellow gold, an anthemic song with a strong, powerful melody. However, to end the concert, Jin left things on a lighter note: My MP3 was just the sort of candy pop to get everyone bouncing, and Tipsy Love put everyone in a great mood. The laidback ballad had everyone singing in response to Jin, and the fans proclaimed their love over and over. Finally, Jin introduced his dancers again personally, and they all lined up to take a bow before leaving the stage. Unwilling to believe the show was over, many fans started calling Jin’s name, but sadly, there was no encore.

最後のダンスコーナー”World Dance”では、仁が日本伝統に敬意を表したようだった。ステージ上の女性ダンサーは着物を着て登場し、仁は能面からヒントを受けたような沢山のお面でダンス披露した。ダンスがゆっくり終りに近づくと、仁はanthemic(特定の存在がある音楽)で力強く迫力のある”Yellow gold”へ。
けれども仁は軽快な曲を最後に持ってきた。”MY MP3”は、誰もが”のれる” candy popの1曲で、”Tipsy Love” は誰をもいい気分にさせてくれる曲だ。
ゆったりしたバラードでは、誰もが仁に応えて歌い、ファンは何度も何度も愛を声高に歌いあげた。最後に仁がダンサー1人1人を紹介し、全員が1列に並びお辞儀をしてステージをあとにした。残念にもショーは終わり、多くのファンの仁コールに仁の登場はなかった。



<anthemic>は、辞書に載ってないからネットで調べてみた 
It is used to describe music that has a particular presence to it/atmospheric feel.
it/atmospheric感じに特定の存在がある音楽を記述するのに用いられます。


With this show, Jin proved that as a solo artist, he’s got everything under control. The show was a true performance, with each part carefully planned out and perfectly executed. There were two things that were a bit disappointing: Jin didn’t MC directly with the fans, and many of his new songs are heavily filtered so that his natural voice is barely heard. However, these are minor details that will likely disappear as Jin grows more comfortable performing overseas – and he will, as he is returning to the US in the fall with shows in New York, Las Vegas, San Francisco and Anaheim, in addition to Los Angeles!

このライブで仁はソロアーティストである事を証明し、ライブ全てをコントロールしていた。ライブは本当の意味でのパフォーマンスだったし、それぞれが丁寧に計画され完璧に行われたものだった。ただ2つの少し残念なことがある。それは仁がMCを行わなかったこと、そして彼の新曲の多くがフィルターをかけられ彼の自然な歌声が聞けなかったことである。しかしこれらは大きな事ではなく、今後海外でさらにライブをこなすことで多分無くなっていくだろう。そして10月にはアメリカに戻り、ニューヨーク、ラスベガス、サンフランシスコ、アナハイムそしてLAでライブが行われる。


It seems that Jin Akanishi is here to stay, so everybody had better get ready to dance!

赤西仁は浸透してきているようだ。みんな、ダンスの準備をしておいた方がいいぞ!
Set list:

~OVERTUNE~
~Oruguru Dance~

01.Christmas morning
02. Bass go boom
03. Wonder (DANCE)
04 I.N.P
05. Adjust the Love
06. A Page
07. LOVEJUICE
08. Paparats
09. Hey Girl

~Intermission~

10. Yellow gold
11. My MP3
12. Tipsy Love
テーマ: 赤西仁 -  ジャンル: アイドル・芸能
by petit-ringo  at 07:30 |  友&仁 |  comment (9)  |   |  page top ↑
Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by  2010/07/11 11:52   [ 編集 ]

鍵コメR-jさんへ

英語も・・の意味が分かりませんが(苦笑)
とりあえず、今の仁担にとっては必須なので助かってます(^_^;)

和訳はいろんな問題もあるんでしょうが、仁の感じてる部分としては僕は大丈夫だからって、ファンへ向けてのメッセージとも捉えたのでたくさんの方の目に触れてもらえた方がいいのかも知れませんね。

わざわざコメントありがとうございます(*^^)v
by petit-ringo より鍵コメR-jさんへ 2010/07/12 09:14  URL [ 編集 ]

No title

petit-ringoさん、はじめまして!いつも素敵な情報を楽しく読ませて頂いています。ブログから溢れる仁君への愛に心が暖かくなり、元気をもらっています!
あの~あの60代の仁ファンは私です(照)実際はジャストです。
娘の影響でKAT-TUNを知り、仁君を知り、それまで洋楽ばかり聴いていた私が始めて、嵌りました!約10年間仁君の成長を見守れて幸せです!本当に仁君はパワーの源です!  LAで偶然出会えた若い人たちとのランチ、とても楽しく素敵な思い出になりました!!  
早くソロアルバム、DVD、出して欲しいですね~!
by mi- 2010/07/13 06:00  URL [ 編集 ]

petit-ringoよりmiさんへ
わぁ~コメントありがとうございますm(__)m
って、はじめましてですね(笑)
偶然にもお友達の言ってた方に出会えるとは驚きました!

仁くんからのパワーはどんなモノにも変えられない絶大なパワーがありますよね!
素敵です(興奮気味笑)

ますます綺麗になっていきましょう♪
またお立ち寄り下さいませ。
by petit-ringoよりmiさんへ 2010/07/13 12:22  URL [ 編集 ]

拍手コメクリ母"さんへ

レス遅くなりました~^^;
素敵なお話ですよね♪

はい!
私たちもいつまでも輝いていきましょう♪
って、クリ母"さんダンスされてるんですか?

すっ…すごい!
by petit-ringoより拍手コメクリ母"さんへ 2010/07/13 12:26  URL [ 編集 ]

拍手コメtaeさんへ

レス遅くなりました~^^;
MCは次は期待出来そうだね♪
最後のクルーの紹介ね!
某サイトで見たよ。
日生の時も本当にカッコ良かったよね♪

あのハグが堪らなく…
うらやましい…違った(笑)じ~~~んとしたよ!
by petit-ringoより拍手コメtaeさんへ 2010/07/13 12:31  URL [ 編集 ]

拍手コメsayuさんへ

レス遅くなりました~^^;
読んでるだけでその場にいる位の臨場感溢れるレポだよね!
さすがプロだわ~(笑)

英語の訳、私もsayuさんの感じ(笑)
少しでもお役に立ててオリーブ姉ちゃんも喜んでいると思います。

ダンスの準備?
バッチリよね^^
いつでもカモーン(笑)
by petit-ringoより拍手コメsayuさんへ 2010/07/13 12:36  URL [ 編集 ]

拍手コメレイさんへ

レス遅くなりました~^^;
恋するパワーってどこから出て来るんだろうね^^

ヨンさまで更年期障害が治ったお話って、聞いた事あるかも…

仁さまパワーで私たちもたっくさん若返ろ~(笑)
by petit-ringoより拍手コメレイさんへ 2010/07/13 12:42  URL [ 編集 ]

拍手コメめろんさんへ

レス遅くなりました~^^;
そうだよね!
昔は外人さん相手にテンパってインタビューしてたよね(笑)
あの仁が今では流暢な会話しちゃうんだからね。

人間努力だね!

光一くんどうだった~?

早く王子さまに私も会いたいよ~(泣)
by petit-ringoより拍手コメめろんさんへ 2010/07/13 12:47  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petit-ringo

Author:petit-ringo
東海地区に住むいい大人ですが、仁にハマッテ平凡な日々が一転、毎日楽しくて笑って生きています。

仁の歌声、つくり出すサウンド、リリックに浸っている毎日です。

時々、妄想モードで、R18になるかもしれません(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ポチッとしてね↓

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。